본문으로 바로가기

第一毛織 - サムスン物産合併案内文 /画面=サムスングループ公式ホームページ


サムスングループ系列会社の第一毛織とサムスン物産は26日、理事会を開き、合併を決議した。


第一毛織が新株を発行し、サムスン物産の株主に交付する予定である。


合併会社のは、サムスン物産を使用する。


両社は7月の臨時株主総会を経て、9月に合併を完了させる計画である。


第一毛織側は「合併後の会社の名前は、グローバルブランドの認知度を考慮して、サムスングループの創業の精神を継承する意味合いで『サムスン物産』を使用することに決めた」と明らかにした。


現在、サムスングループの系列会社は、今年の第1四半期末ベースで計67社だ。


その内、上場企業は18社、非上場企業は49社である。


1963年に設立された第一毛織は、建設や飲食サービスを中心とした事業を展開し、2013年には旧第一毛織からファッション事業を買収した。


1938年に設立されたサムスン物産は、サムスングループの母体企業として1975年に「総合商社1号」に指定され、海外営業を牽引してきた。


両社は、2011年にサムスンのバイオ事業立ち上げに参加し、昨年はレイクサイドゴルフコースを共同買収するなど、協力関係を続けてきた。


サムスン側は「両社は今回の合併により、ファッション、飲食、建設、レジャー、バイオなど、人類の生活を通してプレミアムサービスを提供するリーディングカンパニーに成長できる基盤を用意した」と説明した。


また、「両社がそれぞれ運営してきた建設部門を統合し、建設事業の競争力の向上と運営相乗効果が可能になった」「商社部門のグローバルオペレーションの経験とインフラを活用して、ファッション、飲食事業の海外進出を加速化し、新たなビジネスの機会を発掘することができるようになった」と期待した。




今回の合併は、イ・ジェヨン副会長がサムスングループの支配体制を強化するために行ったと分析される。


サムスン物産は、サムスン電子の株式を4.1%保有しており、副会長は第一毛織株式の23%を持っている。


ジェヨン副会長のグループ掌握が進むにつれ、インターネット利用者の関心は自然とゴンヒ会長の健康状態にも集まっている。


ゴンヒ会長は、昨年5月10日、急性心筋梗塞で心臓発作を起こした後、現在までリハビリ治療を受けていることが分かった。


/ニュースココ


댓글을 달아 주세요