본문으로 바로가기

マーズ感染者を診察した医師が、中東呼吸器症候群(MARS/マーズ)に感染した疑いで、隔離措置後、遺伝子検査中であることが分かった。


福祉部の関係者は3日、「ソウル大病院に勤務する医師が発熱などマーズに感染した疑いのある症状を示しており、確定判定のために遺伝子検査をしている」と明らかにした。


その医師は、マーズ感染者を介して感染したと推定される。


この病院は、感染者が先月30日に確定判定を受け、感染者を診療した医療スタッフも疑わしい感染者として分類し、自己隔離措置を行った。


福祉部は「マーズに感染した疑いのある症状を見せた医師は、ソウル内国指定隔離病院に運ばれた状態」であり、「遺伝子検査の結果は、早ければ明日中に出されるだろう」と明らかにした。


その医師にマーズ感染の判定が下された場合、国内で新たに発生した3次感染の事例となる。


/ニュースココ


댓글을 달아 주세요