본문으로 바로가기

中東呼吸器症候群(マーズ)感染が広がり、京畿道で3日、休校に入った幼稚園や小中高校が急速に増加している。


京畿道教育庁によると、同日午後7時現在、中または休校予定の学校は合わせて585校で、これは道内全体の学校の13%に達する。


京畿地域のは、死亡者が発生した病院所在地のある小学校から始まり、最初のマーズ感染者の発生地域と周辺都市部に広がっている。


また、976校が、今月予定されていた野外活動をキャンセル、または保留にした。


教育庁から団体活動を自制するよう指示があり、各学校では、体験学習や実習活動がキャンセルまたは保留された。


/ニュースココ


댓글을 달아 주세요