본문으로 바로가기

ソウル市25中国の労働者の休日4.305.2)や日本のゴールデンウィーク4.295.5など観光シーズンに、外国人観光客を狙ったぼったくり料金や恐喝根絶する為、観光特区内の価格表示制を遵守するキャンペーン及び、合同取り締まり実施する予定であると発表した

 

今回のキャンペーンと合同取り締まりは、6つのソウル市観光特区地域と外国人の訪問が多い地域の大型マートやコンビニ、伝統的な市場やその他の小売店などを対象とする。

 

21日から29日まで行われる価格表示制を遵守するキャンペーンは、消費者市民の会、消費者教育中央会、韓国消費者パワーセンターなどの消費者団体とソウル市、各自治区が一緒に進行する。外国人観光客の訪問が多くなる30日から、観光警察隊と市・自治区が、合同取り締まり班を構成し価格表示制の違反を取り締まる計画だ。

 

ソウル市は販売価格や単位価格の未表示、虚偽表示などについて集中的に指導・取り締まる計画であり、価格表示違反業者には、1次摘発時は是正勧告し、2次摘発時からは30万~最大1千万ウォンまでの過怠料を賦課する。

 

価格表示を一部しなかったり誤った表示をする等の軽微な場合は、直接その場で訂正措置をし、価格表示制度の円滑な定着と普及のための案内書を配布するなど、積極的な広報活動も併せて実施する。

 

また、ソウル市は外国人観光客を相手にした、ぼったくり料金根絶のために、現在17㎡以上の店舗のみ実施されている価格表示制を今年下半期中に観光特区地域のべての店舗に義務付けるため、自治区や観光特区協議会、商人会などと協議を進めている。

 

/朴広夏 記者

신고

댓글을 달아 주세요