본문으로 바로가기

細胞の存在を確認する検証実験に参加する為、苦渋の選択

 

STAP細胞に関する論文2本のうち、作製法や万能性などについて調べた1本が撤回される見通しとなった。

 

関係者によると、取り下げる論文の著者は11人おり、理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子氏を含む主要著者3人が論文の撤回に同意し、英科学誌ネイチャーに手続きを要請した。 

 

小保方(おぼかた)晴子氏 /スリーンショット=FNN

 

残るもう1本の論文については小保方氏らが撤回に反対しており、STAP細胞の存在を完全に否定したことにはならない。

 

代理人の三木秀夫弁護士は「撤回は本意ではない。細胞の存在を確認する検証実験に参加するために、応じざるを得なかった」と苦渋の選択だったことを強調し、「10年後に、あの騒ぎは何だったのかと歴史が判断を下すだろう」とSTAP細胞は存在するという主張は変えなかった。

 

/ニュースココ





댓글을 달아 주세요